1. HOME
  2. 汚かった部屋を掃除をしたら、○○が変わった!!
汚かった部屋を掃除をしたら、○○が変わった!!

心が乱れると生活が乱れますよね。なんて・・・。これも自己啓発本で書いてあった言葉ですが(笑)。

こうなったら今まで経験したことを思い出して、まずは自分にも出来ることから始めようと思いました。

手始めに部屋の掃除から始めました。仕事をしているからとかデートをしたいからと一番後回しになっていた部屋の掃除。

一日疲れて帰って部屋が汚いことで余計に疲れるのはアホらしくなったのでピカピカにするぞとはじめました。

まず部屋を見渡したところ・・・。わたしの部屋はモノであふれていました。ベッドの下には必要のない紙類が、床には読んでいない本を置いたりもしていました。

クローゼットには着ていない服がたくさんありました。買い物が好きでした。いや・・・。好きというよりは買い物をすることでうまくいっていない恋愛を忘れようとしていたのかもしれませんね。その証拠に買ったものは使っていないものばかりでした。大切にしているというよりは興味がないと言った方が正しいのかもしれません。

この興味がないって言葉・・・。わたしがSくんにされていたことと同じだと思いませんか? わたしは無意識にモノにあたっていたのでしょうね。そして自分の大切なお金にまでも八つ当たりをしていたのでしょう。落ち着いて考えてみるとなんだか怖いですよね。自分を大切にしないことでモノも大切にできないことになるなんて・・・。

勉強するつもりで購入した封のあいていない通信教育のセットもありました。高卒なのがどこかで恥ずかしいような気持ちでいたのかもしれません。でも、学歴は関係ありません。一生懸命生きるほうが大切ですからね。

テレビの上にはコンビになどで集めた埃をかぶっているフロクを何個も何個も飾っていました。これをどうする気だったのか・・・。わからなかったので即効ゴミ箱行きです。

とにかく、わたしの部屋はびっくりするほど汚かったのです。

こんな部屋で幸せになりたいのかと願っていたのかと思ったらなんだかおかしくなり笑いがでました。

少しずつ物を捨て捨てては自分のことを見つめなおし、部屋のごみも心のごみも片付けていくたびに、自分の部屋にいることが多くなりました。テレビを観て笑っている自分に気づきました。ご飯がおいしく感じ、よく眠れるようになりました。父に母に・・・今日あったことを語れるようになりました。友達と会うことも増えました。

そして・・・。あんなに苦しかったパニック障害を起こさなくなったのです。薬を服用したわけでもなくただ掃除をしただけなのに・・・。

なんだか嬉しくなりました。生きていることが楽しくなりました。特別なことはしていませんが、自分に一番必要だったことを始めたことがきっかけでした。

最初の記事へ
前の記事へ 次の記事へ

スポンサードリンク

電話占いの極意
私の占い依存症
克服体験談
運営者情報