1. HOME
  2. いつも会っていた人からの思いがけない一言
いつも会っていた人からの思いがけない一言

わたしは高校を卒業してからずっと同じ職場で働いています。受付という職業がら多くの営業さんと会う機会があります。

占いに依存しているときから来ていた営業さんが占いをやめてから「最近はいった新人さんですか?」と、わたしに尋ねてきました。耳を疑いました。

あれ? わたしこの営業さんと初めて会ったのかな? いや、そんなことはない。前に挨拶したことあるよね・・・。でも、この人、今なんて言った? いろいろなことが頭をよぎりました。

「占いをやめただけで顔つきまで変わるんだ。いらないごみを処分するだけでこんなに穏やかな気持ちになれるんだ」

そして・・・。占い依存をやめたいと強く願った、ただそれだけのほんの少しのことで依存心は消え、消えた隙間に幸せが芽生えるものだと、その営業さんが教えてくれたように感じました。

営業さんが言ってくれた言葉が、こんなにも幸せに感じたのはなぜこんなに嬉しかったのかはわかりません。

だけどこの経験を通して一つわかったことは・・・。あんなに人とかかわる事を苦手としていたわたしの心に、幸せを運んでくれるのはやっぱり人なんだと思いました。願いは強く願えば叶う。叶うために必要なのは人と人とのつながり。

今でも、営業さんの何気ない一言がわたしの心にいます。依存心を目覚めさせないようにしてくれているのでしょう。

最初の記事へ
前の記事へ 次の記事へ

スポンサードリンク

電話占いの極意
私の占い依存症
克服体験談
運営者情報